ローンの種類ご紹介

銀行系と消費者金融系。あなたに合った不動産担保ローンはどちらでしょうか?

不動産担保ローンと言っても、大きく分けて“銀行系不動産担保ローン”と“消費者金融系不動産担保ローン”に分類されます。
それぞれ一長一短のため、一概にどちらが良いとは言えません。
融資を受ける側の状況により、求められる要素が異なるからです。
融資を受ける際には、自分に合ったローンはどれかをしっかりと選定することを心掛けてください。

銀行系と消費者金融系。あなたに合った不動産担保ローンはどちらでしょうか?
銀行系不動産担保ローン
メリット デメリット
  • 使用用途は原則自由。
  • 金利が比較的低い。
  • 返済方法が多岐にわたる。
  • しっかりとした審査を通じて、適正金額を融資してもらえる。
  • 用途制限のないフリーローンの場合、金利が高くなることも。
  • 融資を受ける際の必要書類が多い。
消費者金融系不動産担保ローン
メリット デメリット
  • 使用用途は原則自由。
  • 一般の消費者ローンと違い、30年という長期ローンが組める。
  • 基本的に銀行系よりも審査が緩くて、早い。
  • 銀行系に比べ、総じて金利が高い。
  • 悪質な金融業者も存在する。

自分に合ったローンを選ぶ際に何よりも重要なのは、自分の現状をしっかりと把握することです。
ローンの詳しい内容について分からないことなどございましたら、何なりと当社にご相談ください。

ページTOPへ