他社で断られたお客様へ

「他社で融資を断られた…」。そんなときこそ、当社にお任せください。

「他社で融資を断られた…」。そんなときこそ、当社にお任せください。

不動産を担保に資金を得ることができる「不動産担保ローン」は、まとまった金額の融資も可能なため、個人様はもちろん、法人様にとっても非常に魅力的なローンです。
しかし、誰もが簡単に融資を受けられる状況とは限りません。
物件の種類によっては、融資を断られるケースも考えられます。
当社では、一人でも多くの方にサポートできるように努めてまいりますので、諦めてしまう前に一度ご相談ください。

こんな方は、当社にご相談ください

「担保物件が共有持分で…」

「担保物件が共有持分で…」

主に遺産相続された際に、一つの物件を複数人で相続した場合に問題となるのが、共有持分です。自分だけの物件ではないため、スムーズに担保にできるとは限りません。
当社では、このような共有持分の物件に関しても、最適なアドバイスを心がけ、トラブルがないようにサポートすることが可能です。諦める前にご相談ください。

「借地権(底地権)でもめている…」

「借地権(底地権)でもめている…」

期間限定で、その土地の所有権を得ることができる借地権がついた物件を、目にする機会は非常に増えてきました。
しかし、この「借地権付き物件」については、借地権が切れたときにトラブルになりやすいという一面もあります。
当社では、そのような借地権(底地権)問題でもめている場合でも最善のサポート可能ですので、ご安心ください。

「自宅が再建築不可物件だった…」

「自宅が再建築不可物件だった…」

物件の中には、「その土地に新しく建物を建てることができない、再建築不可のもの」は、予想以上に存在しています。
建築基準法により、隣接した道路との兼ね合いで再建築不可と認定される場合が多いのですが、決して「絶対に再建築できない」というわけではありません。
当社にご相談いただければ、お客様の所有されている物件の状況をしっかりと把握し、ベストなご提案をさせていただきます。

「賃貸中の物件を担保にしたい…」

「賃貸中の物件を担保にしたい…」

現在賃貸中の物件を担保にしたいとお考えになった場合、問題となるのが 現在お住まいの住民との交渉です。トラブルにもなりかねないため、これを理由に融資を断られてしまうケースも少なくありません。
その点、当社では賃貸中の物件に関しても、担保対象とさせていただきますので、安心してご依頼ください。

ページTOPへ